栄養士さん

高血圧と危険因子の詳細

高血圧症が危険でなければ、これほどまでに病気として重要視されることもなかったでしょう。
現実には万病の素とも言われる病気で、早期に治療する、悪化させないように高血圧をコントロールするという対処が必要になります。
それでは、なにが危険なのかをまとめてみましょう。

高血圧症は血圧が高いということなのですが、これがもたらす影響は全身に関わります。
血液を運ぶ血管への悪影響が大きいのです。
圧力が高い、ということは、血管が破れやすいということでもあります。
また原因にもなるのですが、血管が細い(コレステロールなどで塞がってしまっている)状況も手伝って柔軟さの無い血管は更に破れやすく、その箇所が脳の周囲ならばそのまま重篤な症状に陥ってしまいます。

また、血液を送り出す心臓は血圧の高い分だけ多くの仕事をしていることになります。
また、先の説明にもありますように血管自体にも問題があれば、心臓を動かすために必要な血液を心臓自身に送ることも十分に出来ず、心臓自身が血液不足に陥るという重大な状況に陥ります。
血圧の力で血液を濾過している腎臓にも大きな影響を及ぼします。
すなわち、血圧は健康に生きていくために必要な全ての要因に影響する、悪くすれば直ちに危険に陥る原因となりうる見逃せない症状なのです。



このページの先頭へ